Top >  出産と体重・体型 >  妊娠と体型の変化

妊娠と体型の変化

妊娠すると、太るとはまた違うような、

体型が丸くなりますよね。


これは、体重が増えたからなのもありますが、

それだけではありません。


妊娠すると、骨盤が圧迫されます。

圧迫されているので、妊娠中は骨盤が少し開いています。


骨盤が開いていると、お尻が大きくなってしまったり、

下腹部(下っ腹です)が出やすくなってしまいます。


また、骨盤が開いたり、歪んでしまうと、

骨盤を下から支えている骨盤底筋群がゆるんでしまうんですね。


そうなると、内臓が普通の位置より下がってしまいます。


内臓が下に下がってしまうと、

その臓器はちゃんと働けなくなってしまうんです。


それが原因で、生理痛や便秘になってしまいます。


内臓が圧迫されると、血行が悪くなって、

冷え性にもなってしまいます。


女性にとってはとても深刻な問題ですよね!!


骨盤は開いているだけで

体型の崩れる原因になってしまいます。


骨盤が歪んで内臓が下がると、

見た目にもお腹やお尻が出ている体型になってしまいます。


さらに股関節も開いてしまうので、

お尻が大きくなり、O脚になりやすくなってしまいます。


妊娠中にそんなに体重が増えなくても

こういう体型になりやすくなっています。


さらに体重が増えすぎてしまうと、

出産後に体型が元にもどりにくくなってしまいます。


なので、あまり体重は増えすぎないようにしなくては

いけないんです。。。


そういってもなかなか難しいですよね。。。


妊娠中は体型が変わります。

どういうところが変わるのかを知っておくことも、

産後のダイエットには大切です。

         

出産と体重・体型

妊娠するとどうして体重が増えるのか、
どのように体型が変わるのかを説明します。

このカテゴリ内の記事


妊娠と体重増加
妊娠と体型の変化




出産と体重・体型

産後ダイエットをはじめよう

食事でダイエット

マクロビオティック

運動でダイエット

産後すぐのダイエット

アフタービクス

ウォーキングダイエット

ヨガでダイエット

ピラティスダイエット

インスパイリングエクササイズ

デトックス

ダイエット器具とグッズ

産後ダイエットQ&A






Yahoo!ブックマークに登録